敏感肌におすすめは無添加の洗顔石鹸┃保管方法に気をつける

美肌に有効な成分を知ろう

ボトル

効果と注意点

ビタミンcには、抗酸化作用や美白などの効果があります。けれど、実はとても不安定な成分で、酸化しやすく壊れやすいという欠点があります。そのため、化粧品に配合しても効果が出にくく、不向きとされていました。そんなビタミンcのはたらきを損なわないよう、安定化して肌に浸透しやすいように加工したのがビタミンc誘導体です。ビタミンc誘導体には、抗酸化作用、色素沈着を防止する作用、皮脂の分泌をコントロールする作用、新陳代謝を促進する作用などがあります。美白やアンチエイジングなどに加え、シミ、しわ、たるみなどの肌トラブルを改善する効果が期待できる成分なのです。しかし、使用する際には注意も必要です。ビタミンc誘導体には皮脂の分泌をおさえる作用があるため、乾燥肌の人が使うと皮脂量が減って、肌に負担をかけるおそれがあります。肌が乾燥しがちな人は、事前にパッチテストを行って、自分の肌に合うか確かめてから使用しましょう。

化粧品選びのポイント

高い美容効果のあるビタミンc誘導体ですが、その力をより実感したいなら、化粧水に取り入れるのがおすすめです。肌を良い状態に保つためには、毎日のケアの積み重ねが大切です。化粧水は毎日使うものですから、継続的にビタミンc誘導体を取り入れることができます。ビタミンc誘導体には、水溶性、油溶性、両性と、大まかに分けて3つの種類があります。化粧水として取り入れる場合は、水との相性がよく、肌に浸透しやすい水溶性のものが良いでしょう。両性のものもおすすめです。両性は水溶性と油溶性の性質を合わせ持っており、より高い浸透力があります。水溶性のものは、リン酸ビタミンc、アスコルビン酸グルコシド、アスコルビルエチルなどです。両性のものには、アスコルビン酸‐2リン酸‐6バルミチン酸(APPS)があります。化粧水を選ぶ際には、成分表示を見て、これらの成分が記載されているか確認してみてください。

Copyright © 2016 敏感肌におすすめは無添加の洗顔石鹸┃保管方法に気をつける All Rights Reserved.