敏感肌におすすめは無添加の洗顔石鹸┃保管方法に気をつける

刺激の少ない化粧品を

手

クレンジングと化粧品

敏感肌は体質によるものが大きいと思っている人がいます。アトピー性皮膚炎やアレルギーなどによる敏感肌もあるので、それは決して間違いではありません。でも、その一方で日常生活の習慣によるものもあります。例えば、化粧をしている人ではクレンジングのやり方が甘いせいで敏感肌になるケースもあります。化粧品のなかには、刺激の強いものが含まれていることがあり、それが長時間肌に接することで引き起こされるわけです。そのため、対処法としては、刺激の弱い化粧品を利用するか。もしくは、丁寧なクレンジングを毎日欠かさずに行うことが重要となります。その毎日の積み重ねによって、敏感だった肌も次第に正常へと戻せる可能性が高まります。

添加物の少ない化粧品

では、刺激の弱い化粧品とはどのようなものでしょうか。一般的には敏感肌用の化粧品として販売されているケースが多いです。その特徴は、添加物が少ない、あるいは無添加です。添加物と言うと着色料や香料といったものもありますし、時にはアルコールが入っていることもあります。なぜアルコールが入っているかというと、美容に良い成分の一部にアルコールで溶けやすいものがあるからです。しかし、アルコールは体質によっては触れるだけで赤くなる人も少なくありません。このような添加物を減らした刺激の少ない化粧品を利用することで、敏感肌対策を取ることができます。もちろん、低刺激の化粧品だからと言ってクレンジングを怠るべきではありません。酸化した油脂なども刺激物に当たるからです。

Copyright © 2016 敏感肌におすすめは無添加の洗顔石鹸┃保管方法に気をつける All Rights Reserved.